豆の挽き方の種類や器具

コーヒー豆基本的にドリップ前に挽くとコーヒー本来の香り、味わいや苦味、コク、酸味などが純粋に味わえます、できるだけ豆の時点でしっかり冷凍や冷蔵保存し ドリップする分だけ挽くようにすることをお勧めします。

電動ミル

ボタンを押している間だけ歯が回転する電動ミルで大量に粉を作りたいときや短時間で粉を作りたい時に最適。

 

手動ミル

細挽きからあらびきまで調整可能でスタイリッシュなタイプからレトロなタイプまで色々あります。

スポンサーリンク

極細挽き

一番細くパウダー状のような粒の細さ 酸味がほとんどなく苦味が際立つエスプレッソやタッキーシュコーヒーと相性がいい 抽出器具はエスプレッソマシン、イブリックなどに適しています。

 

細挽き

グラニュー糖ぐらいの粒の大きさが細挽き コクと苦味が強調される 濃厚なコーヒーを抽出する時に向いている水出しコーヒー(ウォータードリップ)に相性がいい 抽出器具はマキネッタ、ペーパードリップなどに適しています。

 

中挽き

大きさはグラニュー糖とザラメの中間あたりお店で売っているコーヒーのほとんどがこの大きさが多いペーパードリップやネイルドリップなどのドリップ系全般と、相性がいい もちろんコーヒーメーカーなども使えます。

 

粗挽き

グラニュー糖ぐらいの大きさで苦味が少なく酸味が出やすいコーヒーの色が薄めになってしまうので多めに入れてトリップするといい 抽出器具はパーコレーター、フレンチプレスなどが適している。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事